缶コーヒー速報

缶コーヒー速報

スポンサーサイト

投稿日 : --.--.-- --:--:-- | Category : スポンサー広告  このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【缶コーヒー】ジョージア ザ・プレミアム微糖

投稿日 : 2016.04.02 12:28:57 | Category : コカ・コーラ  このエントリーをはてなブックマークに追加


コカ・コーラ ジョージア ザ・プレミアム 微糖

商品名:ジョージア ザ・プレミアム微糖
メーカー:コカ・コーラ
発売日:2016年3月21日
評価:★★★★★★★☆

ジョージア微糖史上、最高のコクを実現しました。


2015年の名作ジョージア ザ・プレミアムの微糖版ということもあり、少し期待して飲んでみた。
コーヒー豆1.3倍によるコーヒー感とコクには満足。
ただその分香料・コーヒーオイル・甘味料でドーピング補強されてる感もある。


【缶コーヒー】ワンダ アイスクリーミープレッソ

投稿日 : 2016.03.31 14:20:10 | Category : アサヒ  このエントリーをはてなブックマークに追加


アサヒ飲料 ワンダ アイスクリーミープレッソ

商品名:ワンダ アイスクリーミープレッソ
メーカー:アサヒ
発売日:2015年5月2日
評価:★★★★★☆☆☆

 『ワンダ アイスクリーミープレッソ』は、エスプレッソと北海道産生クリームを使用し、コーヒーとミルクがとけ合うまろやかな味わいが特長です。
 また、お客様が求める「コーヒーの香り」に着目し、エスプレッソ特有の香りを特長とする中味設計に仕上げています。
 パッケージは、コーヒーとミルクがとけ合う様子を象徴的に表現し、コーヒーの豊かな香りとまろやかな味わいが楽しめる缶コーヒーであることを「アイスクリーミープレッソ」というネーミングとともにシンプルに表現しました。 また、グラスの中にたっぷりと氷をあしらうことで、夏向けの冷たいカフェラテであることをわかりやすく表現しています。


山積みになっていたのを見かけ、去年まだ飲んでいなかったことを思い出し購入。
飲み口は軽めで、コーヒー感の薄い甘いラテ。
この形の280g缶ラテは得てしてこんな感じだよなあと予想を裏切らない味わい。

【缶コーヒー】ジョージア エメラルドマウンテン 至福の微糖(2016)

投稿日 : 2016.03.24 11:18:29 | Category : コカ・コーラ  このエントリーをはてなブックマークに追加


コカ・コーラ ジョージア エメラルドマウンテンブレンド 至福の微糖

商品名:ジョージア エメラルドマウンテン 至福の微糖
メーカー:コカ・コーラ
発売日:2016年3月7日
評価:★★★★★★★☆

バランスの良い味わいは維持しながら、コーヒー感を強めました。
砂糖・甘味料のバランスを見直し、後キレの良さを更に進化させた味をぜひお試しください。


エメマンの微糖のシリーズは過去にキレの微糖という駄作もあったがそれも過去の話。
2014年に至福の微糖としてリニューアルしてからはクオリティの高い製品になっている。

一口目飲んでみると今作も引き続きレベルの高い微糖だという印象を受けた。
コーヒー感、ミルク、全体のバランスが良く、微糖を選ぶならこの至福の微糖は選択肢に入るだろう。



【缶コーヒー】ボス トリプルブレンド

投稿日 : 2016.03.21 16:13:46 | Category : サントリー  このエントリーをはてなブックマークに追加


サントリー BOSS(ボス) トリプルブレンド

商品名:ボス トリプルブレンド
メーカー:サントリー
発売日:2016年2月
評価:★★★★★★★☆

ブラジル、コロンビア、グァテマラ3種の有名産地の深煎り豆をブレンド。ロースト感漂う味わいに仕上げました。


隣に並んでいたプレボス ラテの値段(140円)に驚愕しつつ自販機限定のボス トリプルブレンドを購入。
微糖だし飲む前まではそれほど期待していなかったが、飲んでみると意外とビターなコーヒー感が好印象。
1月に出た朝の微糖よりこのトリプルブレンドの方が特徴があって遥かにマシと思う。


【缶コーヒー】ファイア 挽きたて工房

投稿日 : 2016.03.17 21:31:17 | Category : キリン  このエントリーをはてなブックマークに追加


キリン ファイア 挽きたて工房

商品名:ファイア 挽きたて工房
メーカー:キリン
発売日:2016年3月15日
評価:★★★★★★★☆

・中味について
ブラジル産の新豆を深煎りし、挽きたて18時間以内に抽出することで、香ばしさ溢れる味覚に仕上げました。
・パッケージについて
出来たてでの出荷をイメージし、シルバーの缶に紙のラベルをはったような鮮度感溢れるデザインです。


久々のファイア スタンダードタイプの新製品は10年目となる挽きたて工房のリニューアル。
銀色の缶に斜め貼りのラベルのデザインは初代の挽きたて工房を想起させる。
個人的には挽きたて工房は2007年の麻袋デザインが一番馴染み深い。

キリン ファイア 挽きたて工房


スタンダードタイプに定評のあるファイアだけあってコーヒー感の感じられる仕上がりになっている。
ただやっぱり過去の殿堂入りクラスのスペシャルローストグレートビーンズ ~モンテ・アレグレ農園~などと比べると及ばないといった印象だ。



≪PREVNEXT≫
最新記事
お知らせ



カウンター
記事検索
カテゴリー
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。