缶コーヒー速報

缶コーヒー速報

【缶コーヒー】ルーツ アロマエスプレッソ

投稿日 : 2015.02.05 10:56:54 | Category : JT  このエントリーをはてなブックマークに追加

ルーツ アロマエスプレッソ

商品名:ルーツ アロマエスプレッソ
メーカー:JT
発売日:2014年9月22日
評価:★★★★★★☆☆

本場イタリアのエスプレッソの味わいを再現!!
コーヒーの香りとコクがギュッと詰まった砂糖ミルク入りエスプレッソタイプの缶コーヒー。

本場イタリアでエスプレッソに必要な4つの鍵とされている4M(クアトロエンメ)に着目。
4M(ブレンド・焙煎、挽き方、機械、人)にこだわることで、コーヒーの豊かな香りと深いコクを引き出しました。


JTの飲料部門撤退のニュースに驚いた人も多いのではないだろうか。

>JTの飲料事業からの撤退について東京都内で4日午後記者会見した大久保憲朗副社長は、
>「商品の独自性で活路を見いだそうとしたが、事業規模で左右される販路確保が難しかった」と述べた。
JTの敗因はまさにこの販路の狭さに尽きるだろう。
新製品の入手に苦労させられたことは数え切れないほどである。

>大手メーカーの間では「販売量やブランド力で見劣りするJTの商品は魅力に乏しい」(首脳)との見方が多い。
缶コーヒーヘビーユーザー視点でルーツブランドに限って言えばまったくそうは思わない。
確かにルーツのカフェオレは駄作も多かったが、トラジャブレンドを始めとした過去の傑作は他社缶コーヒーにもまったく引けを取らず、むしろ歴代上位と言ってもいい。

そんな中、未入手だった2014年の秋のスタンダード製品「アロマエスプレッソ」をようやく手に入れることが出来た。
2013年のアロマステージ&コーヒー / ミルクの後継に当たる製品である。
飲んだときの第一印象は少々酸味寄りのブレンドでコーヒー感のボディもしっかりと感じられる。
コク・苦みといった要素も兼ね備えており、薄さを感じさせることもない。

玄人好みのブランドとして缶コーヒー通の間では根強い人気があっただけに、ルーツの消滅は非常に残念である。





・twitterの反応











・掲示板の反応

885:内容量 774ml:2014/10/05(日) 15:53:11 ID:bPtFHhpc


大阪市内セブンでrootsアロマエスプレッソ入手。
エスプレッソの割りにスッキリ。
香料入り、甘味料なし。


966:内容量 774ml:2014/10/21(火) 21:47:54 ID:bNr6Ba8M


グアテマラ近くに売ってないからかわりに銀赤のアロマエスプレッソよく飲んでる
これも美味い


ルーツ アロマエスプレッソ
ルーツ アロマエスプレッソ


1001: 関連記事( JT ):2013/01/01(火) 00:00:00 ID:2chcancoffee




新着おすすめ記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

最新記事
お知らせ



カウンター
記事検索
カテゴリー
最新コメント