缶コーヒー速報

缶コーヒー速報

スポンサーサイト

投稿日 : --.--.-- --:--:-- | Category : スポンサー広告  このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【缶コーヒー】ジョージア エメラルドマウンテンブレンド(2015)

投稿日 : 2015.03.31 23:07:28 | Category : コカ・コーラ  このエントリーをはてなブックマークに追加

ジョージア エメラルドマウンテン


商品名:ジョージア エメラルドマウンテンブレンド
メーカー:コカ・コーラ
発売日:2015年3月9日
評価:★★★★★★★☆

エメラルドマウンテンならではの、バランスのとれた王道の味わいはそのままにさらにおいしく進化しました。
やや深めの焙煎によりコクを強化することで華やかなロースト感のある香り立ちを実現。
豊かで厚みのあるミルクの味わいを実現するために乳分は牛乳だけを100%使用し、含有量をアップ。
さらにエメラルドマウンテンブレンドの象徴である山をよりダイナミックにあしらったデザインに刷新。


ジョージアの定番、エメマンが今年春にリニューアルとなった。
過去にも何回かリニューアルや派生商品はあったが、エメマン本体を記事で取り上げるのは3年ぶりである。
2012年のエメマンはこちら(http://2chcancoffee.blog.fc2.com/blog-entry-92.html

しっかりとした甘さと雑味のない満足感のあるコーヒー感。
コクもミルクも必要十分、バランスの取れたこれぞスタンダードの王道。
昔のエメマンは知名度先行で中身は普通というイメージだったが、今回そのイメージを塗り替えてくれた。
おいしく進化の表記は嘘ではなく、今後はエメマンの認識を改めなければならないようだ。


スポンサーサイト

【缶コーヒー】ボス トレジャーハンター

投稿日 : 2015.03.28 23:56:39 | Category : サントリー  このエントリーをはてなブックマークに追加

サントリー BOSS ボス トレジャーハンター


商品名:ボス トレジャーハンター
メーカー:サントリー
発売日:2015年3月24日
評価:★★★★★★★☆

希少高級豆「ブルボンアマレロ(※)」のほか、世界中から選び抜いた高級豆を中心にブレンド。
その高級豆を深煎りにすることで豊かなコクとほどよい苦味を実現し、上質なミルクを合わせた、ボスこだわりの一杯です。
※ブルボンアマレロ10%


サントリーから新作のボス トレジャーハンターが登場。
入手に手間取ることもなく簡単に見つけることが出来た。
サンクスのお試し対象になっているのでサンクスであればほぼ確実に見つかるだろう。

高級豆ブレンドというコンセプトはOK。
コーヒー感は素直で飲みやすい。
最初に感じられるのが結構強めの甘さで、ふとボス コクまろ炭焼珈琲ボス 缶珈琲職人 炭焼ミルク珈琲を思い出す。
この2本から炭焼風味を取り除けば味わいが近いかも知れない。


【缶コーヒー】ワンダ グランドワンダ微糖 フルボディ

投稿日 : 2015.03.20 22:37:22 | Category : アサヒ  このエントリーをはてなブックマークに追加

アサヒ ワンダ グランドワンダ微糖 アサヒ ワンダ グランドワンダ微糖 フルボディ

商品名:ワンダ グランドワンダ微糖 / グランドワンダ微糖 フルボディ
メーカー:アサヒ
発売日:2015年3月17日
評価:★★★★★★★☆(グランドワンダ微糖)
評価:★★★★★★☆☆(グランドワンダ微糖 フルボディ)

焙煎で際立つ芳醇なコク、
洗練されたキレ味が特長の微糖コーヒー。
<缶コーヒー「WONDA」×世界最大級の焙煎機メーカー「プロバット」>

世界各国の厳選したコーヒー豆を、100年以上の伝統を誇るプロバットの熱風焙煎機で、カリッと香ばしく焼き上げました。
焙煎を極めた老舗ロースターがコーヒー本来のおいしさを引き出した、芳醇な味わいの微糖缶コーヒーです。


ワンダから新作のグランドワンダが登場。
入手してから気づいたのだが、370gボトル缶の方は人工甘味料入りで185g缶が人工甘味料なしのようだ。
ローソンではお試しの関係かフルボディの方しか置いてなかったのでフルボディの方から先にいただくことにした。

一口飲んでみると少々独特の味わい。
ボトル缶の割に思っていたよりコーヒーに密度があり悪くはない。
370gなだけあってボリュームには満足なのだが、甘味料部分で足を引っ張っている感があるのは否めない。
噂では185g版はかなり出来がいいとのことなのでそちらも試してみたいところだ。

2015/03/24追記
185g版を手に入れたので早速飲んでみた。
フルボディ版のときにあった妙に独特の味わいはこちらではそれほど感じられなくなっている。
微糖加減はというとスタンダード製品より一段階甘さを抑えた感じ。
飲み比べた結果としてやはり185g版の方が出来が良い。

【缶コーヒー】ダイドーブレンド 泡立つプレミアム

投稿日 : 2015.03.18 00:44:00 | Category : ダイドー  このエントリーをはてなブックマークに追加


】ダイドー ブレンド 泡立つプレミアム

商品名:ダイドーブレンド 泡立つプレミアム
メーカー:ダイドー
発売日:2015年3月2日
評価:★★★★★★★★

●高級豆を中心とした5ヵ国豆ブレンドを100%エスプレッソ抽出。深く上質なコーヒーとミルクに、きめ細やかでなめらかな泡立ちが絶妙に調和した、「まさにプレミアムな味わい」の缶コーヒーです。

●缶を振ると、これまでにない口当たりなめらかな泡立ちを実現。振るほどに、さらになめらかな泡立ちが楽しめます。

●ワールドバリスタチャンピオンシップ 2013年チャンピオン ピート・リカータ氏監修により、プレミアムな味わいに磨きを掛けました。


少し間が空いたが、ダイドーの新作「泡立つプレミアム」を無事確保出来た。
泡立つといえば個人的にはいまいちだったものの昨年の泡立つデミタスは印象深かった。

缶に記載されている通りに振ってみると回数を重ねるごとに次第に音が小さくなっていき、泡立っている様子がよく分かる。
飲んでみると泡によるクリーミー感と静かながらも力強いコーヒー感が中々良い。
泡立つデミタスは酸味が強くて好みの味わいではなかったが、今回の泡立つプレミアムは缶コーヒーユーザーに馴染みのあるスタンダードタイプになっており飲みやすい。
世界一のバリスタの監修によるプレミアムな味わいは伊達じゃないようだ。
これならリピートも歓迎である。


【缶コーヒー】アロマックス 香り挽きたつ微糖

投稿日 : 2015.03.13 23:55:23 | Category : ポッカ  このエントリーをはてなブックマークに追加


アロマックス 香り挽き立つ微糖

商品名:アロマックス 香り挽きたつ微糖
メーカー:ポッカサッポロ
発売日:2015年3月2日
評価:★★★★★★★☆

アロマックスのラインナップに久しぶりに微糖青缶が復活。
缶デザインは中々好印象で、しかも人工甘味料不使用の文字を堂々と掲げられていては期待せざるを得ない。
余談になるがアロマックスの現行ラインナップを見ていたところ、アロマックス デミタスオレを未入手であることに気づいた。
今回香り挽きたつ微糖を入手する際には見つからなかったが、デミタスオレの入手を今後の目標の一つにすることにした。

すっと入ってくるまろやかな飲み口。
甘味料不使用のいわゆる低糖タイプだがそこそこ甘さがあり飲みやすい。
荒々しさは控えめで全体的なバランスは良いもののコーヒー感が薄めなのが欠点と言えよう。
ポッカサッポロはアロマックスシリーズ以外でもポッカコーヒー低糖を出していたり、缶コーヒーユーザーが求めているものを分かっているメーカーである。
新作にも関わらず人工甘味料入り微糖ばかり連発しているワンダも見習って欲しい。


NEXT≫
最新記事
お知らせ



カウンター
記事検索
カテゴリー
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。