缶コーヒー速報

缶コーヒー速報

ナチュラルセブン エナジードリンク by ルーツ

投稿日 : 2015.01.28 23:45:37 | Category : JT  このエントリーをはてなブックマークに追加

ナチュラルセブン エナジードリンク by ルーツ

商品名:ナチュラルセブン エナジードリンク by ルーツ
メーカー:JT
発売日:2014年9月
評価:★★★★★★☆☆

コーヒーの“ルーツ”に着目!
コーヒー産地の知恵に学んだ、7つの自然由来の素材にこだわったナチュラルなエナジードリンク。


ルーツブランドによるエナジードリンクが登場。
コーヒー×エナジーの組み合わせは過去にもワンダ パワーブレンドコーワ パワードコーヒーモンスターコーヒーなどいろいろあった。
しかし、そこに炭酸まで加わるとなると今までにほとんど無かったように思う。
見るからに危険な配合の結果は如何に?

際物っぽい雰囲気を醸し出しているが、飲んでみるとそこまでまずくはない。
自然由来の素材からなる機能成分がいろいろ混じり合ったような風味は賛否両論だろう。
カフェ・ド・コーラフルスロットル辺りに抵抗が無い人ならこのナチュラルセブンも問題無く飲めるはず。
コーヒーがほとんど主張していない事が奏功してサントリーのエスプレッソーダより遙かに飲みやすいように思う。
……よく考えてみるとコーヒーが強くなると飲みにくいと言うことは、コーヒー炭酸というジャンルはコンセプト自体が破綻しているのではないだろうか。


スポンサーサイト



【缶コーヒー】タリーズコーヒー バリスタズ アイスコーヒー

投稿日 : 2015.01.27 15:00:27 | Category : 伊藤園  このエントリーをはてなブックマークに追加

伊藤園 タリーズコーヒー バリスタズ アイスコーヒー

商品名:タリーズコーヒー バリスタズ アイスコーヒー
メーカー:伊藤園
発売日:2014年6月
評価:★★★★★★★☆

TULLY'S COFFEEのバリスタが監修した、香り高くコクのあるプレミアムアイスコーヒー。

アフリカ・タンザニア産キリマンジャロ主体にブレンド。
すっきりとした甘さが特長のアイスコーヒーです。


未入手だったタリーズのバリスタズ アイスコーヒーを在庫処分セールで購入。
昨年6月に発売されたものだが、寒い時期に飲むアイスコーヒーも悪くない。

苦みは抑えめ、コーヒー感は強すぎず弱すぎず丁度良い按排、質の悪いブラック製品にありがちな飲みにくさは皆無である。
希少糖含有と絶妙なブレンド加減のおかげだろうか、味わいが丸く実に飲みやすい。
大容量390mlも嬉しいところである。
タリーズブランドは尖った製品が多いが、これは万人に勧められるアイスコーヒーと言える。


【缶コーヒー】ファイア 陽だまりのカフェオレ

投稿日 : 2015.01.25 17:24:22 | Category : キリン  このエントリーをはてなブックマークに追加

キリン ファイア 陽だまりのカフェオレ

商品名:ファイア 陽だまりのカフェオレ
メーカー:キリン
発売日:2014年10月7日
評価:★★★★★★★☆

「キリン ファイア」発売時からこだわっている直火による焙煎技術「直火焙煎」で焼き上げた「香り」と「コク」を「香料無添加」で缶に封じ込めました。
コーヒー豆本来のおいしさにこだわった1品です。
「モカ・レケンプティ産」の天日干しコーヒー豆(※)を100%使用し、甘く華やかな香りと増量したミルクのまろやかなコクのある味わいをお楽しみください。
※ コーヒー豆を自然の陽の光で丁寧に乾燥させることで、コーヒーチェリーの果肉の甘みがコーヒー豆へ移行したやわらかい味わいが特長。


去年の10月に発売されたファイア 陽だまりのカフェオレをようやく入手。
2013年10月発売のファイア カフェオレの後継にあたる製品である。

歴としたコーヒー規格である陽だまりのカフェオレは、コーヒー飲料だったルーツ クリーミーカフェ やすらぎのアロマとの格の違いを一口目から感じさせてくれる。
密度の違いと表現すれば良いだろうか、コーヒー感と満足感ともにぎゅっと詰まっておりクリーミーカフェを圧倒している。

コーヒー飲料規格は言ってしまえば豆量はコーヒー規格に劣り、ミルク感も乳飲料規格に満たない中途半端な存在。
ダイドーの2011年 ラテスペシャル →→→ 2012年 ブレンドラテ & 2014年 極まるラテの劣化が代表的な例だろう。
カフェオレにとってコーヒー感とリッチなミルク感こそが双璧をなす重要な要素であるだけに、コーヒー飲料規格でカフェオレ・カフェラテ製品を出しているメーカーは再考していただきたい。


【缶コーヒー】ルーツ クリーミーカフェ やすらぎのアロマ

投稿日 : 2015.01.22 16:09:57 | Category : JT  このエントリーをはてなブックマークに追加

JT Roots(ルーツ) クリーミーカフェ やすらぎのアロマ

商品名:ルーツ クリーミーカフェ やすらぎのアロマ
メーカー:JT
発売日:2015年1月12日
評価:★★★★★☆☆☆

ミルクには、生クリームとJT独自の乳素材*1を使用し、なめらかな口当たりと飲みごたえを実現しました。
また、濃縮乳の使用量を従来品*2より25%アップさせたことで、ミルクのコクとなめらかさが向上しました。
ミルクとコーヒーが織りなす、やわらかい甘さのハーモニーをリラックスしながらお楽しみいただけます。

*1 濃縮乳を主原料とした、殺菌時や加温販売時の熱の劣化に強い乳原料「ラクトJ」を使用
*2 ルーツ「クリーミーカフェ ゆったりアロマ」との比較


ルーツ クリーミーカフェシリーズの最新作が登場。
初期の頃からルーツの缶コーヒーラインナップに君臨し続けるクリーミーカフェだが、2015年のそれはどうだろうか。
一部の過去作のレビューは下記参照。
2011年 ルーツ クリーミーカフェ
2012年 ルーツ クリーミーカフェ ゆったりアロマ

なめらかな口当たりと飲みごたえというコンセプトに関しては達成できているように思う。
しかし、確かにまずい訳ではないのだがコーヒー感重視のカフェオレを至上とするならばやはり薄く感じる。
過去に様々な名作缶コーヒーを生み出してきたルーツであるが、カフェオレ製品だけは毎度のこと他社のカフェオレに劣ると言わざるを得ない。
ルーツの開発担当は本当にこれが渾身の出来のカフェオレだと言い切ることが出来るのだろうか?
スタンダード製品ではあれだけ良い物を出せるのだからもう少し頑張って欲しい。


【缶コーヒー】ジョージア 三ツ星プレッソ

投稿日 : 2015.01.20 06:14:02 | Category : コカ・コーラ  このエントリーをはてなブックマークに追加

ジョージア 三ツ星プレッソ

商品名:ジョージア 三ツ星プレッソ
メーカー:コカ・コーラ
発売日:2015年1月12日
評価:★★★★★☆☆☆

「ジョージア 三ッ星プレッソ」は、華やかなアロマとほんのりビターな余韻を楽しむ、飲み応えの深いコーヒーです。
(1)ブラジル豆ブレンド (2)コク深いエスプレッソ (3)上質な生クリーム 三つ厳選した素材をくつろぎにふさわしいバランスを追求し、奥深い味わいに仕上げました。


まず最初に缶の材質がスチールではなくアルミ缶になっていることに気づく。
缶コーヒーと言えば堅いスチール缶というのが定番なだけに、薄っぺらいアルミ缶は少々違和感があった。

そして一口飲んでみると味の方も薄っぺらく、芯となるボディが弱い。
ビター&スイートというコンセプトのようだが、各要素がばらばらで調和とはほど遠い。
三ツ星つながりの往年の佳作「ジョージア トリプルスター」の再来を期待したが、三ツ星とは名ばかりで残念な内容であった。
ジョージアの次作こそは頑張って欲しい。


NEXT≫
最新記事
お知らせ



カウンター
記事検索
カテゴリー
最新コメント