缶コーヒー速報

缶コーヒー速報

【缶コーヒー】ボス ほろにが微糖

投稿日 : 2014.03.30 10:00:07 | Category : サントリー  このエントリーをはてなブックマークに追加

ボス ほろにが微糖


商品名:ボス ほろにが微糖
メーカー:サントリー
発売日:2014年3月25日
評価:★★★★★★☆☆

2月に発売されたボスシリーズの前作「フルシティロースト」はなかなかの良作であった。
しかし、今回は微糖ということで果たしてどうなるか……。

比較的深めの煎りのコーヒー感。
甘味料がほとんど気にならないのは良いが、本作の特徴であるはずの苦みがほとんど感じられない。
ミルクと調和しすっかり丸くなってしまっている。
ルーツの旨苦シリーズの方が苦み系コーヒーとしては格段と上だろう。


スポンサーサイト



【缶コーヒー】ダイドーブレンド ブレンドアイスラテ

投稿日 : 2014.03.22 20:04:38 | Category : ダイドー  このエントリーをはてなブックマークに追加

469:内容量 774ml:2014/02/13(木) 16:33:41.71 ID:???


◆2014/02/17 コカ・コーラ 「ジョージア 頑」
http://www.cocacola.co.jp/press-center/press-release/news-20140213

◆2014/02/24 ダイドー 「ダイドーブレンド ブレンドアイスラテ 微糖」
http://www.dydo.co.jp/corporate/news/2014/140213.html


ダイドードリンコ ダイドーブレンド ブレンドアイスラテ (微糖)

商品名:ダイドーブレンド ブレンドアイスラテ
メーカー:ダイドー
発売日:2014年2月24日
評価:★★★★★★☆☆

厳選5ヵ国のこだわりブレンドで、華やぐ香りと引き立つ余韻。まろやかなミルク感、さわやかな甘さが絶妙な微糖アイスラテです。

ダイドーからアイスタイプの新作ラテが登場。
コーヒー飲料+微糖という嫌な予感がする組み合わせだが、そこまで悪い出来ではなかった。
過去にこの組み合わせではルーツ クイーンズラテを始め数々の失敗作が登場してきたが、それらに共通するのは薄さと甘味料の渋さだ。
今回のブレンドアイスラテは、コーヒー飲料でありながらも最低限のコーヒー感とミルクの調和を確保し水っぽさを感じさせない上、尚且つ甘味料味を表に出さないように抑え込んでいる。
その結果、微糖ラテでありながらまあまあ飲めるレベルの製品に仕上がっている。
さすがラテジャンルの稀代の名作「ラテスペシャル」を生み出したダイドーである。
現行のブレンドラテはラテスペシャルとは似ても似つかない紛い物であり、願わくばもう一度ラテスペシャルの復活を期待したい。


【缶コーヒー】ダイドーブレンド 世界一のバリスタが選んだ豆

投稿日 : 2014.03.21 09:42:39 | Category : ダイドー  このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイドーブレンド 世界一のバリスタが選んだ豆[微糖] (260g×24缶)×1箱

商品名:ダイドーブレンド 世界一のバリスタが選んだ豆
メーカー:ダイドー
発売日:2014年3月17日
評価:★★★★★★☆☆

世界一のバリスタが厳選した豆をブレンド。最後の一口までおいしい微糖
(1)ワールドバリスタ チャンピオンシップ2012年チャンピオン ラウル・ロダス氏監修
 世界一のバリスタと共同で、世界中から5ヵ国の豆を厳選。

(2)20種の焙煎豆をブレンド
 一部の豆を研磨して雑味をカットし、後味の良さを追求。
 さらに、それぞれの豆を4段階に焼き分けた20種焙煎豆をブレンド。

(3)最後の一口まで続くおいしさ
 香料に頼らず、雑味の少ない豆本来の味わいだからこそ、時間をかけて飲んでもしっかりと感じられるおいしさ。

ダイドーからボトルタイプの新作が登場。
飲んでみたところ、コーヒー感は問題なくブレンドの質の高さを見せつけてくれる。
ミルクとの調和も強すぎず弱すぎずという良いバランス。
人工甘味料の味わいも比較的抑えられており、ダイドーの開発力を感じられる。
260mlのボトルも量的に満足のいくサイズ。
しかし微糖でなかったらもっと良くなっていただろうという思いもあるわけで、やはりそこは残念でならない。

むしろ心配であるのは同時購入したダイドー ブレンドアイスラテの方。
ラテで微糖なんて、嫌な予感しかしない。
次回の更新ではそちらを飲んでみる予定。

【缶コーヒー】ルーツ エクストリームスウィート

投稿日 : 2014.03.19 16:17:49 | Category : JT  このエントリーをはてなブックマークに追加

505:内容量 774ml:2014/02/26(水) 15:06:51.65 ID:???


◆2014/03/10 JT 「ルーツ エクストリームスウィート」
http://www.jti.co.jp/investors/press_releases/2013/0226_01.html



ルーツ エクストリームスウィート


商品名:ルーツ エクストリームスウィート
メーカー:JT
発売日:2014年3月10日
評価:★★★★★☆☆☆

しっかりとした「甘さ」がもたらす、厚みのあるボディ感、凝縮感。
JT独自乳素材「JT濃縮乳」と「JTクリーミー」が織りなす、まろやかなクリーム感。
「無菌充填製法」を採用。加熱による香味劣化を抑え、素材の風味を活かした味わいを実現。


2月の旨苦 ハードローストに引き続き、3月もルーツの新作が登場。
コンセプトは理解できるが、何故コーヒー飲料なのか。
コーヒー飲料区分であることに不安を感じながらも、まずは飲んでみることに。

エクストリームなスウィートなだけあって、甘さだけはしっかりとしている。
だがしかし、製品の特徴に「まろやかなクリーム感」とあるが、どうにも水っぽい。
「厚みのあるボディ感」と明記してはいるが、これではとても満足のいくコーヒー感を出せてはいない。
ワンダの濃厚系(贅沢ダブルデラックス1プレミアムダブル)の方が”エクストリーム・スウィート”の呼び名に相応しいだろう。


【缶コーヒー】アロマックス コクの贅沢

投稿日 : 2014.03.17 13:19:19 | Category : ポッカ  このエントリーをはてなブックマークに追加

488:内容量 774ml:2014/02/19(水) 15:31:27.88 ID:???


◆2014/02/24 ポッカサッポロ 「アロマックス コクの贅沢」
                    「アロマックス クオリティブラック」
http://www.pokkasapporo-fb.jp/company/news/release/140219_01.html


ポッカサッポロ アロマックスコクの贅沢 170ml×30本



商品名:アロマックス コクの贅沢
メーカー:ポッカサッポロ
発売日:2014年2月24日
評価:★★★★★★★☆

昨年、一大旋風を巻き起こしたアロマックス ファンタジスタ
その衝撃から一年が経ち、この春……新たにアロマックスシリーズの新作が登場。

十分なコーヒー感があり味の方も申し分なし。
非常にレベルの高い製品に仕上げてきたという印象だ。
ファンタジスタと比較するとシャープなキレ味はファンタジスタが上回るが、コクを銘打っているだけあって本作の方が豊かなコクを体感することが出来る。
アロマックスのラテ系がラインナップから消滅して久しいが、そろそろ復活して欲しいところ。
今のポッカならきっと素晴らしいものを作ってくれるはず。
2010年のラテスペシャリテのような逸品の再来に期待したい。


NEXT≫
最新記事
お知らせ



カウンター
記事検索
カテゴリー
最新コメント