缶コーヒー速報

缶コーヒー速報

スポンサーサイト

投稿日 : --.--.-- --:--:-- | Category : スポンサー広告  このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私的2014年缶コーヒーランキング 後編

投稿日 : 2014.12.30 15:25:52 | Category : その他  このエントリーをはてなブックマークに追加

前回の更新に引き続き今回も2014年に発売され飲んでみた缶コーヒーの中からベストテンをランキング形式で振り返ってみたいと思う。
後編では第5位から第1位までを紹介する。

関連リンク:私的2014年缶コーヒーランキング 前編


スポンサーサイト

私的2014年缶コーヒーランキング 前編

投稿日 : 2014.12.27 19:07:12 | Category : その他  このエントリーをはてなブックマークに追加

今年も様々な缶コーヒーが登場したが、その2014年も残りわずかとなった。
今回は2014年に発売され飲んでみた缶コーヒーの中からベストテンをランキング形式で振り返ってみたいと思う。
前編では第10位から第6位までを紹介する。


【缶コーヒー】コーワ パワードコーヒー レギュラー

投稿日 : 2014.10.16 17:19:45 | Category : その他  このエントリーをはてなブックマークに追加

コーワ パワードコーヒー レギュラー


商品名:コーワパワードコーヒー レギュラー
メーカー:興和
発売日:2014年4月8日
評価:★★★★★★☆☆

香り高い焙煎コーヒーの味わいはそのままに、4つのパワー成分(ローヤルゼリーエキス・エゾウコギエキス・ナツメエキス・クコの実エキス)と、3つのビタミン(B1・B2・B6)を配合した機能性缶コーヒー。
●ローヤルゼリーエキス:150mg
●エゾウコギエキス:100mg
●ナツメエキス:100mg
●クコの実エキス:50mg


先日パワードコーヒー微糖を取り上げたが通常版はまだ飲んでいないことを思い出す。
未入手の秋の新製品を探しに行ったのだが残念ながら空振りだったため、代わりにパワードコーヒー レギュラーを購入。

通常版→微糖と比較するのが時系列的にも本来であるが、先に微糖から試した感想はというと・・・。
コーヒー感・ミルク感共に問題なく、スタンダード品の割に遠慮すら感じられる適度な甘さ。
機能成分と思われる雑味が多少感じられるところも微糖版とまったく同じ。
微糖・レギュラーの両製品を飲んでみて、パワードコーヒーが一時の気まぐれではなく本気のエナジー缶コーヒーであることを体感した。

しかし、即効性という面ではワンダ パワーブレンドコーヒーの方が上だった。
総カフェイン量がパワードコーヒーは116mgに対し、あちらは230mg。
その暴力的なまでのカフェイン量は100g換算では海外エナジードリンクすら凌駕し仕方ないところか。


【缶コーヒー】コーワ パワードコーヒー 微糖

投稿日 : 2014.10.11 15:43:56 | Category : その他  このエントリーをはてなブックマークに追加

興和 パワードコーヒー 微糖


商品名:コーワパワードコーヒー 微糖
メーカー:興和
発売日:2014年9月26日
評価:★★★★★★☆☆

香り高い焙煎コーヒーの味わいはそのままに、4つのパワー成分(ローヤルゼリーエキス・エゾウコギエキス・ナツメエキス・クコの実エキス)と、3つのビタミン(B1・B2・B6)を配合した機能性缶コーヒー。


2014年春にエナジーコーヒー界に突如現れたコーワ パワードコーヒー。
そのパワードコーヒーシリーズから微糖が登場。
エナジーと微糖はある意味背反する要素であるが・・・。

一口飲んでみると、エナジーコーヒーでしかも微糖でありながらそれほど違和感がない。
コーヒー感は弱めで苦みも少なめ、この辺りははっきりいって少し物足りない。
段々と飲み進めていくうちに少しだけ雑味が感じられるが、甘味料系の後味ではないのでこれが機能成分の影響だろうか。
総合的な完成度はエナジーコーヒーで微糖として考えると悪くはなく、これならリピートにも耐えうるだろう。


【缶コーヒー】ヤマザキ 炭焼 微糖ブレンド / 炭焼 キリマンジャロ

投稿日 : 2014.07.06 00:24:25 | Category : その他  このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤマザキ 炭焼 微糖ブレンド ヤマザキ 炭焼 キリマンジャロ


商品名:炭焼 微糖ブレンド / 炭焼 キリマンジャロ
メーカー:ヤマザキ
発売日:不明
評価:★★★★★☆☆☆(炭焼 微糖ブレンド)
   :★★★★★★☆☆(炭焼 キリマンジャロ)


ルーツ エクスプローラー エイジアを探しに訪れたデイリーヤマザキにてこの二種を発見。
ヤマザキの缶コーヒーを飲むのは初となるが味の方は如何に?

■炭焼 微糖ブレンド

茶グラデーションのシンプルなパッケージデザイン。
炭焼を冠しているが炭焼の風味はあまり感じられない。
コーヒー感は強くもなく弱くもなく、甘味料味もこの程度なら許容範囲。
微糖缶コーヒーとして及第点と言ったところか。

■炭焼 キリマンジャロ

同じデザインで色違いの緑グラデーション。
こちらも炭焼の風味は感じられない
その代わりキリマンジャロ特有の酸味が味わえ、まさしくキリマンジャロブレンドである。
甘さ控えめの表記の通り、よくあるスタンダードタイプより一歩下がった奥ゆかしい甘さが心地よい。


NEXT≫
最新記事
お知らせ



カウンター
記事検索
カテゴリー
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。