缶コーヒー速報

缶コーヒー速報

スポンサーサイト

投稿日 : --.--.-- --:--:-- | Category : スポンサー広告  このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【缶コーヒー】ダイドーブレンド うまみブレンド

投稿日 : 2016.03.02 15:24:48 | Category : ダイドー  このエントリーをはてなブックマークに追加


ダイドーブレンド うまみブレンド

商品名:ダイドーブレンド うまみブレンド
メーカー:ダイドー
発売日:2016年2月29日
評価:★★★★★★★★

●コーヒーの豆だけでなく、果肉までまるごと使用。豆のコクと果肉のほのかな甘みが融合して生まれるコーヒー本来の“うまみ”を追求した今までにない新しい美味しさのコーヒーです。

●果肉と相性の良い豆を中心にブレンド。浅煎りから深煎りまで幅広く焼き分けることでコーヒー本来のコクと香りを引き出しました。

●パッケージには、洗練された深い青の配色に、赤く熟したコーヒーの果実と豆を印象的にデザインしました。


「うまみ」の三文字を大胆に配置し、コーヒーの実のデザインが特徴的な缶デザイン。
苦みは少なめ、丁度良い甘さとフルーティなコーヒー感。
過去の缶コーヒーでは2012年初春の名作 ワンダ 超完熟 の系統。
もっとリピートしたくなる不思議な感覚、これがうまみか。
販売にも力を入れているようで入手に手間取ることがなかったのも好印象。
久々に良い缶コーヒーでした。


スポンサーサイト

【缶コーヒー】ダイドーブレンド デミタスコーヒー

投稿日 : 2015.09.12 14:48:47 | Category : ダイドー  このエントリーをはてなブックマークに追加


ダイドーブレンドデミタスコーヒー

商品名:ダイドーブレンド デミタスコーヒー
メーカー:ダイドー
発売日:2015年8月31日
評価:★★★★★★★★

1)プレミアム豆を従来品の1.5倍に増量
プレミアム豆を従来品の1.5倍に増量。さらにコーヒー抽出時、渋味や雑味の出やすい後半部分を使わず、前半から中盤にかけての美味しい部分だけを使い、コク深い味わいに仕上げました。

2)深みきわまる味わい
進化した上質でコク深い味わいのコーヒーに牛乳を加えて調和させることで、深みきわまる味わいを実現しました。


ダイドー公式サイトのスロットキャンペーンがさっぱり当たらなかったので店頭にて入手。
缶デザインも旧缶より洗練されて良好。
ダイドー主力商品であるデミタスの完全リニューアルだけに中身の方も期待が掛かるところだが・・・。

その期待を裏切らない出来であった。
豆量1.5倍でスタンダードタイプとして十分なコーヒー感、味わいも申し分なし。
同日発売の”ジョージア史上最高傑作”ザ・プレミアムとの比較では、どちらも素晴らしい完成度だが僅かではあるがザ・プレミアムの方が飲んだときの衝撃が強かった。



【缶コーヒー】ダイドーブレンド コクの逸品ラテ 世界一のバリスタ監修

投稿日 : 2015.09.09 02:19:34 | Category : ダイドー  このエントリーをはてなブックマークに追加


ダイドー ダイドーブレンド コクの逸品ラテ 世界一のバリスタ監修

商品名:ダイドーブレンド コクの逸品ラテ 世界一のバリスタ監修
メーカー:ダイドー
発売日:2015年8月31日
評価:★★★★★★★☆

●世界一のバリスタ(※)が監修。ミルクとコーヒーを絶妙に調和させた、コクとまろやかさのある味わいのラテです。

●世界中から選び抜いた5ヵ国のコーヒー豆をブレンドしました。

●ラテと一目でわかる配色に、「世界一のバリスタ監修」を配してアイキャッチ性を高め、背面には世界地図をデザインすることで、世界一の価値観を訴求したパッケージに仕上げました。

(※)ワールドバリスタチャンピオンシップ 2013年チャンピオン ピート・リカータ氏


2015年秋の新製品ラッシュが始まった。
ダイドーからは世界一のバリスタ監修シリーズの新作が登場。
同シリーズの「泡立つプレミアム」が非常に良かっただけに、世界一のバリスタ監修のカフェラテとなれば期待せざるを得ない。

飲んでみたところ、コーヒー感が少々弱めではあるがミルク感に関しては優等生的な味わい。
そういうものであると割切れば良作の範囲だろう。


【缶コーヒー】ダイドーブレンド キリマンジャロブレンド(2015)

投稿日 : 2015.04.20 01:34:25 | Category : ダイドー  このエントリーをはてなブックマークに追加


ダイドー ブレンド キリマンジャロブレンド〔樽〕


商品名:ダイドーブレンド キリマンジャロブレンド
メーカー:ダイドー
発売日:2015年4月
評価:★★★★★★☆☆

●高級豆”キリマンジャロ”を使用。しっかりとした酸味とコク、芳醇な風味が特長の満足感の高いコーヒーです。

●ミルクと相性の良い、複雑で奥深い味わいに仕上げました。

●パッケージは、樽型形状に本格感と、重厚感を表現しました。


いつの間に変更があったらしく、通称「樽」のダイドーキリマンジャロブレンドがリニューアル。
2013年のキリマンジャロブレンドと比べてパッケージだけでなく原材料にも少しだけ変更が入っている。
185g缶もそのうちこのデザインに変わるのだろうか。

基本的に2013年版の味わいを踏襲していて今回も甘さは抑えめ。
キリマンジャロ樽といえば2011年版の甘さ強めのキリマンジャロ×モカの味わいが印象深かっただけに、思い出補正かも知れないが今回も少々物足りなくそれを超えられていないように思う。


【缶コーヒー】ダイドーブレンド 世界一のバリスタ監修 ~深み続く味わい~

投稿日 : 2015.04.02 14:47:51 | Category : ダイドー  このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイドーブレンド微糖 世界一のバリスタ監修


商品名:ダイドーブレンド 世界一のバリスタ監修 深く続く味わい微糖
メーカー:ダイドー
発売日:2015年3月23日
評価:★★★★★★★☆

●世界一のバリスタ監修(※)の、コクとキレのバランスを追求した深み続く味わいの微糖コーヒーです。
●世界中から選び抜かれた5ヵ国の豆を4段階に焼きわけた20種焙煎豆ブレンドで、コクとキレのバランスを追求しました。
●こだわりの20種焙煎豆ブレンドで、時間をかけて飲んでもコーヒーの余韻を感じられる美味しさを実現しました。
(※)ワールドバリスタチャンピオンシップ 2013年チャンピオン ピート・リカータ氏


ダイドーの微糖製品がリニューアル。
通常缶の「~コクの飲みごたえ~」とボトルタイプの「~深み続く味わい~」の2種類が新発売となった。
今回ボトルタイプの「~深み続く味わい~」を飲んでみた。
飲む前には正直期待していなかったのだが・・・。

まろやかで微糖でありながら違和感の無いコーヒー感。
ボトルタイプにありがちな飲みにくさが皆無なのがポイント。
これは出来がいいと言わざるを得ない完成度で、先月のグランドワンダより確実にこちらの方が上だろう。
機会があればリピートも歓迎である。


NEXT≫
最新記事
お知らせ



カウンター
記事検索
カテゴリー
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。